【要約・感想】メモの魔力~前田裕二~メモで人生を変えよう

読書

『メモの魔力』の要約・感想が知りたい

成功する思考が知りたい

ヤロウ
ヤロウ

そんな疑問に答える記事です。

この記事でわかること

・メモの魔力の要約・感想がわかる

・メモで思考を深める方法がわかる

■メモの魔力の基本情報
まずは『メモの魔力』基本情報について見ていきます。

書名 :メモの魔力
出版月:2018年12月25日
出版社:幻冬社
定価 :\1,400(税抜)

著者である前田裕二さんのプロフィールはこちらです。
引用:メモの魔力

SHOWROOM株式会社代表取締役社長。1987年東京生まれ。2010年早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。
数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザーを行う。13年DeNAに入社。
仮想LIVE空間「SHOWROOM」を立ち上げる。
15年に当該事業をスピンオフSHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンタテインメントから出資を受け、合併会社化。
著者『人生の勝算』はAmazonベストセラー1位を獲得。

『メモの魔力』の要約【具体的な情報→抽出→転用】

順番に見ていきましょう

1.なぜメモをとるのか

時間が限られている人生の中で
「より本質的なことに少しでも多くの時間を割くため」 にメモを取る と筆者は述べています。

メモで思考する本質とは創造物、クリエイティブな思考、自分にしか思いつかない代替不可能な思考です。

メモは外付ハードディスクの役割をしており記録ではなく「知的生産」の為にメモを取ると述べています。

よって、新しいアイデアや付加価値を生み出すことを意識してメモを取ることがメモを取る理由です。

2.メモによって鍛えられるスキル

本書では5つのスキルの向上が記されていますがその中でもピックアップして紹介させていただきます。

・構造化能力の向上
話の骨組みがわかるようになる
議論の全体が俯瞰して見れる能力
今の話題、目的、話している内容が把握して整理する。
情報を構造化して、議題の全体を把握する。

・言語化能力の向上
曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる。
メモをすることは言葉にしなければできない。「やばい」「すごい」から一歩二歩踏み込んで考える。
何が「やばいのか」どのように「やばいのか」。
メモで日常をアイデアを変えるには知的好奇心と、知的創造に対する貪欲な姿勢が大事です。

3.メモで思考を深める

重要な思考で、最大の武器になる。
抽象化とは汎用的で他の具体にも応用できる別の言葉です。
➀:具体的情報を正確に受け取る
②:➀から「他に転用可能」な要素(気づき・背景・法則・特徴など)を抽出
③:②をさらに別の何か具体的なものに転用
例)
・空から降る水の粒は大きさは全て均一ではないがまとめて雨と呼ぶ。
・子供の時に〇〇君と遊びに行くではなく「友達と遊びに行く」

4.具体的な事実から抽象化する方法

・What型
空から降る水の粒→雨
数学の方程式

・How型
ポケモンのゲームではモンスターに属性があって、属性に応じた攻撃で威力が変わる
→相手に応じて攻撃方法を変える

・Why型
ヒットした作品
→なぜ?、背景、理由

抽出化とは本質を考える、見つけることです。
具体的に受け取る情報から、より多くの具体的な何かに当てはめることができる概念を抽出します。

成功した本の抽出化を行い転用可能な具体的な方法を考えれば自分が制作するときも本質を転用して成功することは可能だからです。

5.メモで自分を知る

抽出・転用を使い自分自身を見つめなおしましょう。
自分の人生は自分が何をやりたいかが重要です。
過去楽しかった経験、つらかった経験を振り返り、抽出化して人生の軸を見つけましょう

感想

メモを取ることで思考が明確になります。今までは情報をメモに書きとることが目的でした。
この本では、その情報から、深堀をして自分の知的財産、創造性を高めることを目的として普段の生活から抽出することを心がけ、転用することで将来、魔法にかかったように思考性の高い自分になっているかもしれません。
自分の身の回りで気になったことなどがあれば皆さんもメモして思考してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました